スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Weapon System

兵装の操作にあたってもう一つ購入していたアセットがあって、それは「Weapon System」というその名もズバリなものだったのですが、これについて勉強していきます。
32ドルですが、セール中に16ドルで買いました。
weaponsystem.jpg
「Smooth Turret」に比べると、値段の割にやってることは単純(使いやすいとも言う)。

まず自機である「Tank」は兵装のキャリアーでしかありません。鋼鉄でいう船体です。こいつは移動するだけです。
その移動方法も物理演算ではなく座標の加算という……参考にならない……

ともあれ、「HeadPart」にある「Weapon Controller」が、プレイヤーの操作を管理している場所です。
Weapon Controllerでは装備のリストを管理します。
このリストは、「HeadPart」以下にある「Gun Base」にくっついている「Weapon Launcher」を数えてリスト化したものになります。
weaponsystem2.jpg
「GunBase」はよく見るとめちゃくちゃ物々しい。

「Weapon Launcher」が鋼鉄でいうところの砲塔になります。
これが重要そうなので、詳しく見ていきたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

SmoothTurret

Unityを使って開発していくということは前回述べた通りですが、Unityには心強い叡智の集積、すなわちアセットストアという仕組みがあります。
3Dモデルにしてもプログラムにしても、自作するのではなく目的に合ったものを購入すれば時間短縮に繋がるよね。
ということで、他の人が作ったリソースを自分のプロジェクトに流用させてもらえる素晴らしい仕組みです。
ストアとはいうものの、無料のものもたくさんあり、しかもそれがめちゃくちゃ有用だったりします。
逆に「評価が高い」ってだけで買ったアセットが実は無用の長物だったりする……よくある……

「鋼鉄の咆哮」は昔のゲームということもあって基幹システムは単純なので、アセットが活躍しそうな予感。
まずは「Smooth Turret」。27ドルでした。
以前は☆4評価(アセットストア的には☆5でない場合地雷率が飛躍的に高まる)でしたが、いつの間にか☆5になってた。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。